お肉のおすすめの焼き方って・・・?

皆さんこんにちは!雄大です!

今回のお話は、タイトルからもお分かりいただけるようにお肉の焼き方についてです。 

 

おすすめのお肉の焼き方🍖 

 

こちらに関しては、以前から何度もSNS等でお話させていただきたいと思っていたのですが、

タイミングが合わず、、、

なので、今日ご自宅でできるおすすめの焼き方をご紹介させていただきます!!🙋🤤

 

1. まずお肉🥩下準備

まずはお肉を解凍します。

(おすすめの解凍方法は第1回のブログに書いてありますので、ここでは省略します。)

 

次は、解凍したお肉をできるだけ常温に戻します。(30分~60分)

特にレア、ミディアムレアくらいの焼き加減で召し上がりたい方は中心まで火が通りやすくするために特に重要です!

(中が冷たいまま焼いてしまうと、中心温度と表面温度に差が出ておいしく感じられない恐れがあります。)

人間も極寒の中、急にベストな動きはできません。

お肉も同じです我が子同然丁寧に扱いましょう👨👦👩👦

そして下味は、胡椒をお好みの量片面にだけふりかけます。

お肉の2030cm上からふりかけるとまんべんなく味が付けれます!

ここで大活躍してくれるのが、この浜比嘉島のお塩!当店のオンラインストアでも100g 300円で販売させていただいてます!

💁ただし!ふりかけるのはお肉を焼く直前!

塩の浸透圧でお肉から水分(肉汁)が抜け出てしまうのを防ぐため。

この塩の水分を吸い取る力は甘く見たらだめです!)

 

2. 火、フライパンの扱い

フライパン🍳しっかり🔥を通し温めておきます。

強火で表面に焼き目をつけることで、肉のうまみが染み出るのを防ぎます。

フライパンの空焚きは劣化につながるのでご注意を

フライパン全体に薄く油をひきます。

十分にフライパンが温まったら、いよいよお肉🥩の登場

下味をつけた方の表面を下にして、フライパンに乗せます。

まずは、強火で茶色く焼き目けてください。🥓

もう一度言いますが、お肉のうまみを逃さないためです。

この時の強火の焼き時間の目安は片面約20秒程度

表面にしっかり焼き色がついたら、火を弱め30秒程置きます。

(これはじっくり中まで火を入れるため)

🙋逆面も同じ要領の焼き方で!

(この辺りでニンニクのみじん切りと、バターを少しずつフライパンに入れるのも香り付けにいいですよ🙆 )

その後、赤ワインを少したらしてふたを閉め少し置きます。

お好みの焼き加減でフライパンから取り出し、ステーキ焼き上がりです!!

焼き加減確認の目安として有名なものをご紹介!

左手で親指と人差し指を合わせます。その時の親指の付け根(手のひらの膨らんでいるところ)を右手で触ってみてください。

  • お肉の表面が同じくらいの柔らかさだと、レア
  • 親指と中指を合わせた柔らかさだと、ミディアムレア
  • 親指とくすり指を合わせた柔らかさだと、ミディアム
  • 親指と小指を合わせた柔らかさだと、ウェルダン

という方法がよくつかわれます!

今回僕は、ミディアムレアで!!

皆さんいかがでしたでしょうか?

ぜひ、ご自宅でお好みの焼き加減を見つけて、次にステーキ屋さんに行ったときに

かっこよく焼き時加減を伝えましょう!

次回もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA